REVIEW

DSC_6448_Fotor

Akinori Kikuchi

菊地 昭紀 Akinori Kikuchi
PIT INN MUSIC
Sound Engineer

This tour is my first time using the STM Series, although I’ve used previous systems like the Alpha Series quite frequently in the past. The explosive intensity of the sound can take you by surprise. I’ve even had to turn down the master fader a few times!

Our only chance to fly the system on this tour was the performance at the Tokyo International Forum, but I feel like that’s when the STM Series really proves itself. Flying the Sub module (STM S118) let us deliver balanced sound to the second floor as well as the first floor seating.
I mainly deal with jazz concert PA systems, so I try to simply amplify all of the onstage sound. Basically, I make sure that whether the main speakers are switched on or off, changing the volume won’t affect the sound quality. In other words, I aim at mixer output that will have almost the same timbre whether you hear it through headphones or over a speaker system. My approach to tuning is the same. I never accentuate something over the rest. Instead, I try to suppress anything that’s exaggerated and make the sound as close as possible to what is actually coming off the stage. NEXO’s newest STM Series speakers offer such smooth response that equalizing isn’t necessary at frequencies above 500 Hz. I feel like this speaker system simply magnifies the onstage sound, whether it’s a delicate performance like the trio on this tour (Piano: Hiromi Uehara; Bass: Anthony Jackson; Drums: Simon Phillips) or the dynamic sound of a rock band, and lets the technician’s sensibilities really shine through regardless of the musical genre.

STMはこのツアーが初めてなんですけれど、Alphaシリーズとか、今までのシステムは結構使ってきました。結構爆音が出るので驚いてマスターフェーダーを下げた経験がありますね(笑)。

今回のツアーでは東京国際フォーラムの公演のみハンギングで使用したのですが、やはり吊りで使用してこそ真価が発揮されるように思います。サブベースモジュール(STM S118)も吊ったことで1階席だけでなく2階席にもバランス良く音が届いていました。
ぼくはジャズのPAが主ですので、とにかくステージ中の音が単純に大きくなれば良いというようなことを心掛けています。要するにメインをオフにしてもオンにしても大きさが変わるだけで、質が変わらないというか、それから卓の音をヘッドフォンで聴いてるのと、スピーカーで鳴ってるのとがほぼ同じ音色であるとか。チューニングにしてもどこかを強調したりとかそういうことを一切しない。むしろ、出っ張ってるところを抑えて行って、なるべくステージ上から出てる音に近くなるような、そういうようなことを心掛けています。NEXOの最新スピーカーSTMは500Hzから上の帯域はEQする必要がないほどフラットに整っていて、本ツアーのトリオ(Pf:上原ひろみ、Bass:アンソニー・ジャクソン、Drums:サイモン・フィリップス)の繊細な演奏からロックバンドもかくやというダイナミックな曲までステージ上の音をそのまま拡大してくれるという印象で、音楽のジャンルを問わずオペレーターの感性を表現してくれるスピーカーシステムだと感じました。

CONTACT

Thank you for taking contact us !
We can support you entirely about STM in Japan, please ask us anything freely.
We're really proud of managing this excellent system, hoping to make great projects with you.

STM Japan にアクセスいただきありがとうございます。この素晴らしいシステム皆さまにご紹介できて大変光栄です。
私たちは日本におけるSTMの運用を全面的にサポートいたしますので、ぜひ何でもお気軽にお問合わせください。
皆さまと共にに素晴らしいプロジェクトを作り上げることができれば幸いです。

MAIL FORM

Name / ご担当者名
E-mail
Company / 貴社名
Country / 国
Phone number / 電話番号
Message / 問い合わせ内容